2018年11月13日

InterBEE2018に出展します

展示会

InterBEE2018ベイテクノロジーズブースでは、USBエクステンダー、Video over LAN製品、HDBaseTテスター、AOC等を展示いたします。
(小間番号 3108)

ご紹介内容 -USB延長-

Icron Technologies社 USB3-2-1 Raven

本製品は業界初のUSB3.0(5Gbps)、USB2.0(480Mbps)、USB1.1(12Mbps)の共用を可能にしたものです。
(従来はUSB3とUSB2で方式が異なることからUSB3専用モデルのみ存在していました)
PC側に置くローカルユニットとUSBデバイス側に置くリモートユニットで構成されます。
その間を結ぶリンク方式としては、Cat6A/7の最大100mモデル、ファイバーを使用し最大200mモデルの2モデルがあります。
USBの他にEthernetのパス―スルー機能も備えており、LANを利用する制御信号なども一緒に延長することが可能です。
カタログはこちら(pdf)



ご紹介内容 -テスター-

Msolutions社 HDBaseTテスタ MS-TestPro

イスラエルMSolutions社はValens出身者により創設されHDBaseT分野で秀でた技術ノウハウを有する会社です。
MS-TestProはメインユニット、TXモジュール、RXモジュールにより構成され、LANケーブルのHDBaseTとしての利用の適否、送信機又は受信機を含んだ伝送系の品質測定が可能です。
LANケーブルを構成する4つのペア毎にMaxErr(エラー傾向)、MseErr(S/N比)を測定します。これはHDBaseTの認証テストと同一のテスト基準に基づくものです。
工事完了時のHDBaseTシステムとしての品質を認証レポートとして残すことができ、客観的なエビデンスとして利用できます。
HDBaseT2.0対応のTX/RXモジュールも予定されています。また、長距離でのケーブル給電(PoH)の評価ができるDCRモジュールも予定されています。
カタログはこちら(pdf)

ご紹介内容 -ビデオ延長-

会議室向けオールインワンソリューションCTS201

CTS201はHDBaseTの送信機、受信機にコントローラ機能とIO機能を搭載し、映像ソース切替、プロジェクタスクリーン駆動、照明やブラインド駆動といった一般的な中規模会議室に必要となる機能を全て網羅したオールインワンソリューションが可能な製品です。
特筆は、これまで別途コントローラ製品を外付けし、かつプログラミングで構築していた部分を、コントローラ機能の内蔵と制御構造の階層化手法によりプログラミングレス環境を提供することで大幅なコストダウンを可能にしています。
コントロール手段としては、WebGUI、直結スイッチ、遠隔スイッチ(増設可)から選択できます。
またIO増設についてもLAN接続により拡張ボックスの連結が可能です。
カタログはこちら(pdf)



リンク

▼InterBEE2018 (11月14日~16日・幕張メッセ)についての情報はこちら▼
InterBEE2018